電子書籍化と地図連動

アプリ型の電子書籍化を考えるときは、地図との連動を考えてみるのもいいでしょう。
辞書と連動することと同じで、地図との連動はそんなに難しいことではありません。
Google社の地図APIを利用することで簡単に実現できます。
緯度、経度情報などを与えることでその場所へリンクすると、Google社が利用している地図上の当該場所にピンがささって閲覧することができます。
書籍コンテンツの中に出てきた住所などをすべて同じ地図上にプロットして、地図から情報を探すということもできます。
辞書と並んで地図データと連動するのは電子書籍の真骨頂ともいえます。
電子書籍化の案内がこちらに載ってます。
こちらのサイトでもその使用方法を説明しています。
電子書籍化に興味のある人は是非ご覧ください。
とても便利ですよ。