電子書籍化の流用

電子書籍化に際して、これらの機能を電子書籍に「アプリ型」として埋め込むのは、初めて電子書籍に関わる人には難しいでしょう。
また「ゼロからつくる」のはコストもかかります。
専門業者に任せるのが得策ですが、一度作ってしまうと、業者としても流用できる場合は多いので、2作目以降はスムーズにいくことが多いです。
もちろん業者に依頼することで「フィー」が発生しますが、簡単な仕組みならそれほどの金額にはならないと思います。
と言っても、費用対効果は会社が判断することですから場合によっては「高い」ということになるかもしれません。
電子書籍化に関してはこちらのサイトが詳しいです。
自炊にするのか「アプリ型」として業者に委託するのかは、電子書籍化に何を求めるのかによって変わってくることでしょう。
電子書籍化の案内がこちらに載ってます。